書籍履歴

書籍履歴 BOOKS I'VE READ

友人たちに、読んだ本の紹介。ときどき、音楽も。

follow us in feedly

写真家書いた登山家の本 ーだからこそ、自分にフェアでなければならないー

 写真家の小林さんという人が竹内さんのインタビューと自分の思ったことを書いた本。竹内洋岳さんを知らないと面白みが薄いかも。

 割と、素人目線で竹内さんのことを観察したり、質問したりしているので専門家ではない自分としては「おおっ、ふむふむ。」と楽しく読んだ。

糖の話

著者と竹内さんが一緒に、八ヶ岳の天狗岳に登るんだけど、一番印象的だったのは、コーラとノンカロリーのコーラを一本ずつ買ったこと。
今、自分は糖とかインシュリンとか低血糖症とかそういうことに興味を持っていて、なおかつ砂糖中毒だなーと思って、砂糖を断っている。あと白いパンもやめてる。それで、気になっているのは、シュガーフリーとかノンカロリーの飲料、食料に、砂糖の代替として使用されている人工甘味料インシュリンの関係。

人工甘味料を接種した場合に、体は糖だと認識して、インシュリンを出しちゃうけど、実際には、糖はないから低血糖状態になるし、次にホントに糖が入ってきたときにめちゃめちゃ吸収しちゃう、みたいな話もあれば、そんな話は間違っているみたいな話も、インターネット上には出てきちゃう。人工甘味料そのものが危ないんじゃないの?って話もあるけれど、それよりも興味があるのは、今書いたことなのだ。だから、竹内さんみたいな極限の状況に挑戦する類いの人が、甘いコーラと甘くないコーラだけを買って山に登るっていうのが興味深い。甘い方は、おやつらしいのでまだいいとしても、水じゃなくてノンカロリーのコーラにするんですかーと。あと、人工甘味料たっぷりのジュースって、後味が一日中残るから、そんなの山では体験したくないなとも思う。口直しとか歯磨きとかできないじゃん。

コーラについては、そんな感じ。

ちなみに、これを書くちょっと前、ぷるっちゃいました、はい。多分、低血糖状態だと思うんだけどお腹がすいて、手とか足がぷるぷるしちゃうことをぷるっちゃうと呼んでいるんだけど、これが軽い運動した時なんかに起こるとけっこう気分も悪くなって困ります。今日は、空腹にしすぎたのか、午前中にホットケーキ食べちゃったからいけないのか、よくわからない。朝一は、ドイツパン(ライ麦)食べたんだけど。

 

ご飯を食べるというのは、力のいる作業ということ。

あとは、「食べると疲れる」っていうフレーズかな。
自分は、子供の頃、物を食べるのってけっこう辛いことだったり大変なことだったりしていた。なかなか食べきれなかったり、食べたらお腹を壊したり。幼稚園のお弁当は、食べるのが辛かった記憶があるし。牛乳は、飲むと吐き気がするし。ファミレスでハンバーグを食べれば、ひき肉の脂?で、食事が終わらないうちからトイレに籠る経験も度々。友人たちとのお泊まり会で初めてお邪魔したお宅で、焼き肉に連れて行ってもらい、その後、友人宅にて激しい下痢に襲われて悶絶し、お母さんをビビらしたり。
そんなエピソードは、僕が脂に弱いって話で、消化にエネルギーを使うって話からは少しずれるんだけども、とにかく、食べるってことは大変なことなんだよ。     

うちの会社には、トカゲ(全長30cmほど)がいるんだけど、あいつら食べると動かなくなるんだ。30歳過ぎてから知ったことなんだけど、消化するために、暖かい場所でじっとするんだ。なんだって丸呑みしちゃうから我々人間の食事とは別格ではあるが、基本は同じでしょう。消化するのには、力を要するのだよ。
肉の脂は、温度が高くないと融解しないから内蔵の温度が低い人は、脂を消化しにくいみたいなんだよ、多分、僕はそれなんだ。魚の脂は、低い温度で溶けるから(海が陸上より寒いからだろう)お腹に優しいらしい。いかにも日本人的な腸の人は、肉の脂や乳脂肪に弱くて、魚は平気っていうパターンが多いんじゃないかな。鶏は、食べて肉みたいなお腹の壊し方をしたことはないけど、脂の融解温度については知らない、脂の含有量が少ないから平気ってことなのかもしれない。
そういうわけで、長くなったけれど、竹内さんが「歩いている途中では、疲れるから食べたり飲んだりをあまりしない」というのは理にかなっているし、なんか野性的な話だ。あの人痩せてるし(関係ないか?)

そういった関連の色々と勉強になる竹内流のプチ情報がいくつかあったのは、読んでいて楽しかった。歩き方のこととか汗をかかないこととか、持ち物の色んな話とか、ね。

 

あとは、黒百合ヒュッテが登場したこと。
行ったことも行く予定もないけれど、KIKIのエッセイとかで出てきて、記憶しているから。KIKIは、最近でも登山しているのかな。

 

あーこの読書日記、ちょー時間かかった。全然書く時間がなくて!

KIKI の本もずーっと欲しいものリストに入れたまま買ってない!

 もう内容がフレッシュじゃないかな。時間の経過に左右されない内容であることを期待してやはりいつか手に入れたい。

山スタイル手帖 (講談社の実用BOOK)

山スタイル手帖 (講談社の実用BOOK)

 

 ★沖縄に着ていきたいと思っているユナイテッドアローズのスーツ、着れた。少し肩が窮屈だけどご愛嬌。持ってるなかで一番上質なスーツなのでこれを着るしかない。Aの結婚式もこれで出席したぜ。

これは先輩からいただいたスーツだし、他に仕事で着ているスーツ2着は買ってもらった物だし、自分で買った安物のスーツは小さくて着れない。もう何年もスーツ買ってない。買えない。