書籍履歴

書籍履歴 BOOKS I'VE READ

友人たちに、読んだ本の紹介。ときどき、音楽も。というかほとんどただのログ

follow us in feedly

この本片手に講義ができそう/『創作の極意と掟』筒井康隆

筒井康隆の本を何か読んでみようと思いアマゾンで物色しているうちにどれが良いか分からなくなり、小説ではないこの本を選びました。

ヤフーのインタービュー記事を読み、書斎?が日本家屋で素敵で、非常に好感を持ち、著者への興味が沸きました。もともと、見た目が非常に絵になる人ですよね。 

創作の極意と掟 (講談社文庫)

創作の極意と掟 (講談社文庫)

 

 これを読んでしまうと膨大な読書量と研究量と、自身の小説における実践が科学者のようであります。小説家というのはみなこういうものなのでせうか。

 序言、凄味、色気、揺蕩、破綻、濫觴、表題、迫力、展開、、、、、という風に序言を入れて32の項目に分けて小説の書き方について論じられています。全部二時熟語。

 

小説は好きだし書いてみたいという淡い気持ちはありますが、これを読んだらわたくしごときが書くなんてとんでもない、と思います。

ちなみに、色々な小説が紹介されていて面白いのですが、ヘミングゥエイが何回も登場します。

一度も読んだことがないので、読もうと思います、ヘミングウェイ

その他、ヘミングウェイ以外で読んでみたい小説は、安部公房『時の崖』倉橋由美子『100メートル』(二人とも好きなのに読んだことなかった)、星新一『殉教』、夏目漱石我輩は猫である』。漱石にいたっては、10代の頃に何作か読んだものの、猫と三四郎はどうもとっつきにくく読んだことがなかったです。猫は3ページくらいは読んだと思います。

 

とりあえず、筒井康隆ファンで、未読の方は必読本でしょう。

小説が好きなら、書いてみたいなら、これらをまず読んで、よく分析してみなはれ、という手引書のようであります。これを台本にして大学で講義ができそうです。

 

メモ事項

クラムボンというのは、バンド名でしか認識していなかったのですが、宮沢賢治『やまなし』という小説に登場する正体がまったくわからぬ動物であることが判明。知らぬとは恥ずかしや。

・展開の項に書いてあった「序破急」という展開を知らなかったのもはずかしや。

楽しくなければ仕事じゃない

 頭がおかしくなって自己啓発的な本を数冊も買ってしまったうちの一冊で、一番期待していたのはこれだったのだが、残念なことに途中でやめてしまいました。基本的には思っていることをばーっと書いた本だった思います。途中でやめてしまったから分からない部分はあるし、読みづらくて苦痛だったので内容も忘れてしまいましたが。

著者のファンならば響く本なのかもしれません。

 

MERUすごかった (山の映画)インフル中に観た

 やっと観れた。

前売り券を買っていたのに見に行けなかったドキュメンタリー映画

MERU/メルー (字幕版)

MERU/メルー (字幕版)

  • 発売日: 2017/07/06
  • メディア: Prime Video
 

 ちょっと想像をこえたストーリーでウケた。すごすぎてウケた。

ドキュメンタリーだからネタばれとか関係ない気もするけど書けない。自分は驚いたので。

すごいよー。

「考えるな感じろ」の世界の究極かもしれない。

鍛錬や経験を積み、一流の領域に達して初めて意味のある言葉「考えるな感じろ」、それを突きつけられましたね。

そもそも、ここに登ろうとしちゃう狂気を備えている人達だからこその色々なすごい話が。

ところで、けっこう標高が高い位置で、テントのなかでタバコを吸っていたのが印象的だった。気圧の低い、気温の低い、肉体が酷使されている状況でタバコを吸ってつらくないのか!とか、肉体への影響などを理性的合理的に考えているわけじゃないんだ!とか。

 

タイニーストーリーズ

 買ったのは、単行本なのでジャケットのデザインが違いますが。

タイニーストーリーズ (文春文庫)

タイニーストーリーズ (文春文庫)

 

 ごめんなさいブックオフで買いました。

しばらくこの方の本は読んでいなかったのですが、「詠美ねえさんの本が100円で売られてるなんてしどい」と拾う気持ちで買いました。

しかもしばらく寝かせておきました。

そうしたら発酵して、すごく面白かったです。

最近、こっちじゃない方の日記みたいなブログの方になが~い文章を書くことが何回かあったのですが、完全にこの本に感化されています。例えばこの投稿など。

http://lifeandkids.hatenablog.com/entry/2019/09/16/161032

 

文章遊びも楽しい本作。

詠美さんより一世代が二世代前くらいの文体を模して書いたような作品が2,3作ありました。

在日米軍といちゃつくストーリーにサンドイッチされながら。

 

よかった。

面白かったです、って手紙出そうと思ってそのままですが。

ただ、友人のRくんは、読まないだろう。

おならのサイエンス

 どこかのサイトで紹介されていて即注文した本。おもしろかった。

おならのサイエンス

おならのサイエンス

 

 おならを科学的にちょっとおバカっぽい態度でまじめに書かれた本。

有名な会社の元社長みたいな人が運営している、自己啓発と小説以外のいろんな本を紹介するウェブサイトで知りました。サイト名は忘れてしまった。

以前から、玉ねぎを食べるとおならが臭くなるのが以前から気になっていて、興味を惹かれたというのもあります。

おならの分析はもちろん、うんちのこととか、手を洗う大切さまで書かれています。

おならのニオイワーストランキング1位の成分の硫化水素(腐った卵のようなニオイ)は、腸内に硫酸還元菌を持つ人だけが発するんだって!(全体の50%)

 

とにかく、面白かった!

 

 おならの本といえば、思い出すのはこの絵本!

おなら (かがくのとも絵本)

おなら (かがくのとも絵本)

 

 

Natalia Lafourcade

 youtubeのtiny desk concertで知って、購入の流れです。

メキシコのシンガーソングライターです。

いい買い物でした

バックの演奏もすばらしいので

ライナーノーツが読めないのでよく分からないのですが、ギタリストが年配なんですよ。バンドの編成もすごくいいです。

Musas

Musas

 

 


Natalia Lafourcade: NPR Music Tiny Desk Concert

オラシオ ビッグバンド

久々の更新で、また書籍じゃなくてすいません。

何年かぶりにスーパーなドラマーHoracio El Negro Hernamdezをチェックしたところ、なんだかおもしろな風貌でビッグバンドをやっていました。

これが、なんとも洗練されていて、すごテクは全面にでておらず、すごテクがアンサンブルの方に発揮されている感じのプレイでいい感じでした。

youtubeの動画って、つい途中で別のおすすめ動画に移ってしまいがちですが、このナンバーは最後まで視聴しました。

終盤のパーカッション3名でのアンサンブルは、なかなか素敵。


Horacio El Negro Hernández e Italuba Big Band- Last Minute